無料ブログはココログ

« ミヒャエル・エンデ「クリスマスの夢」 | トップページ | 松本清張「山師」 »

松本清張「群疑」

あらすじ…徳川家康の使者として羽柴秀吉のもとへ赴いた石川数正は、秀吉に厚遇される。そして次第に徳川家中で数正は秀吉に内通していると疑われるようになる。

 この作品は石川数正の視点から描かれていますが、豊臣秀吉が何らかの工作を裏でやってたんだろうなあと想像しながら読みました。

【参考文献】
松本清張『佐藤優オリジナルセレクション 黒い手帖からのサイン』新潮社

« ミヒャエル・エンデ「クリスマスの夢」 | トップページ | 松本清張「山師」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/55434133

この記事へのトラックバック一覧です: 松本清張「群疑」:

« ミヒャエル・エンデ「クリスマスの夢」 | トップページ | 松本清張「山師」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31