無料ブログはココログ

« 松本清張「山師」 | トップページ | 松本清張「張込み」 »

松本清張「殺意」

あらすじ…営業部長の磯野が殺され、容疑者として友人の稲井厚生課長が浮上する。だが、証拠は薄弱で動機は不明だった。判事の古瀬嘉一は検事の調書を読みながら推理する。

 動機についてはネタバレ防止のために伏せておきますが、クライマックスで語られる動機の部分を読んでいて、田中角栄の箴言を想起しました。
「男の嫉妬ほど怖いものはない」

【参考文献】
松本清張『佐藤優オリジナルセレクション 黒い手帖からのサイン』新潮社

« 松本清張「山師」 | トップページ | 松本清張「張込み」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/55434167

この記事へのトラックバック一覧です: 松本清張「殺意」:

« 松本清張「山師」 | トップページ | 松本清張「張込み」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30