無料ブログはココログ

« 松本清張「群疑」 | トップページ | 松本清張「殺意」 »

松本清張「山師」

あらすじ…「金銀が欲しい」と言った徳川家康に、猿楽役者の大蔵藤十郎が鉱山の再開発を申し出る。

 大蔵藤十郎、後の大久保長安の栄光と破滅を描いた作品。
 大久保長安についてはあまりいいイメージがなかったなと思っていましたが、これを読んでまあまあ納得。贅沢しすぎだ。
 でも、前半部分では技術屋として優秀な様子が描かれているから、多少はイメージアップになっているんじゃないでしょうか。

【参考文献】
松本清張『佐藤優オリジナルセレクション 黒い手帖からのサイン』新潮社

« 松本清張「群疑」 | トップページ | 松本清張「殺意」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本清張「山師」:

« 松本清張「群疑」 | トップページ | 松本清張「殺意」 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30