無料ブログはココログ

« ミヒャエル・エンデ「アンルラ」 | トップページ | ミヒャエル・エンデ「クリスマスの夢」 »

ミヒャエル・エンデ「単純」

 短いので全文引用します。

 真実は単純だと、よく耳にする。それは正しい。しかし、なにか誤ったことを言いたいのではないかと、それだけが気にかかる。単純なことは簡単にわかるはずだと言いたいのではないか。しかしこれほどむずかしいことはない。(P98)

 これを私なりに整理すると、大体以下の通り。

(1)真実は単純である。
(2)単純なことは簡単にわかるはずである。
(3)従って真実は簡単にわかるはずである。
 という論法に対して作者は、(2)は誤りであり、従って(3)も誤りではないかと異議を唱えています。そしてその根拠として真実がわかることの難しさを挙げています。

 愚考するに、もしも真実が簡単にわかるとしたら、真実を追求する哲学者たちはさほど苦闘しないでしょうし、哲学書だってあんなに分厚くはならないでしょうな。

【参考文献】
ミヒャエル・エンデ『エンデのメモ箱』岩波書店

« ミヒャエル・エンデ「アンルラ」 | トップページ | ミヒャエル・エンデ「クリスマスの夢」 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/55329840

この記事へのトラックバック一覧です: ミヒャエル・エンデ「単純」:

« ミヒャエル・エンデ「アンルラ」 | トップページ | ミヒャエル・エンデ「クリスマスの夢」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31