無料ブログはココログ

« 火野葦平「紅皿」 | トップページ | 内田百閒「件」 »

夢野久作「卵」

あらすじ…夜、幽体離脱して隣家の露子さんと逢瀬を重ねていた三太郎君は、露子がどこかへ転居した後、逢引していた場所で大きな卵を見つける。それは露子からの贈り物だった。

 露子は人間ではなく、化生の者であろうと私の直感が告げています。もしそうならば、これは現代の異類婚姻譚ということになります。
 尚、日本の異類婚姻譚は猿聟入にせよ何にせよ、結局は破局してしまうのですが、こちらの話も破局を迎えています。まあ、この話でハッピーエンドは想像が着かないので、当然のような気がしないでもない。

【参考文献】
彩図社文芸部編纂『文豪たちが書いた怖い名作短編集』彩図社

« 火野葦平「紅皿」 | トップページ | 内田百閒「件」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢野久作「卵」:

« 火野葦平「紅皿」 | トップページ | 内田百閒「件」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31