無料ブログはココログ

« 小松左京「遺跡」 | トップページ | 小松左京「スケールの問題」 »

小松左京「上る」

あらすじ…深酔いした男が団地の五階にある自宅へ何とか帰ろうと階段を上るのだが…。

 エレベーターなしで五階へ上るのはただでさえきついのに、酔いと寒さと疲労とが重なってなおさらきついですな。
 さすがにこれほどではないにせよ、私も酔っ払って帰宅したことがあります。頭痛と吐き気に襲われながらやっとのことで家に帰り着きましたっけ。
 こうなる前に切り上げなくては。

【参考文献】
小松左京『ホクサイの世界 小松左京ショートショート全集1』角川春樹事務所

« 小松左京「遺跡」 | トップページ | 小松左京「スケールの問題」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/55286670

この記事へのトラックバック一覧です: 小松左京「上る」:

« 小松左京「遺跡」 | トップページ | 小松左京「スケールの問題」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30