無料ブログはココログ

« 国木田独歩「巡査」 | トップページ | グラント・アレン「ダイヤモンドのカフリンクス」 »

グラント・アレン「メキシコの千里眼」

あらすじ…社交シーズンのリヴィエラにいた「やり手の天才的ビジネスマン」サー・チャールズは、「メキシコの大千里眼」の評判を聞き、ひとつ化けの皮をはがしてやろう、とホテルの部屋に呼び寄せて、その腕前を披露してもらうことになった。(巻末の解説より引用。P270)

 マダム・ピカルデが怪しいと、早い段階で気付きました。千里眼の話を持ってきたのが彼女だからです。

【参考文献】
グラント・アレン『アフリカの百万長者』論争社

« 国木田独歩「巡査」 | トップページ | グラント・アレン「ダイヤモンドのカフリンクス」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/55286761

この記事へのトラックバック一覧です: グラント・アレン「メキシコの千里眼」:

« 国木田独歩「巡査」 | トップページ | グラント・アレン「ダイヤモンドのカフリンクス」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30