無料ブログはココログ

« グラント・アレン「メキシコの千里眼」 | トップページ | グラント・アレン「クレイ大佐の逮捕」 »

グラント・アレン「ダイヤモンドのカフリンクス」

あらすじ…「メキシコの千里眼」事件でクレイ大佐に一杯食わされたヴァンドリフトとウェントワース。二人はそれぞれの夫人を伴ってスイスへ出かけた。

百万長者というのは、ありとあらゆるタイプの強欲な人間につきまとわれるのに慣れているから、たまに素朴な若夫婦に出会うと、純粋に人間どうしの関係を大いに楽しむのである。(P35)

 これを読んでクサイな…と思ったのは、私が人間不信だからか、あるいはミステリ小説で鍛えられているからでしょうか。

【参考文献】
グラント・アレン『アフリカの百万長者』論争社

« グラント・アレン「メキシコの千里眼」 | トップページ | グラント・アレン「クレイ大佐の逮捕」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/55286773

この記事へのトラックバック一覧です: グラント・アレン「ダイヤモンドのカフリンクス」:

« グラント・アレン「メキシコの千里眼」 | トップページ | グラント・アレン「クレイ大佐の逮捕」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30