無料ブログはココログ

« 『秋田だ!』JR東日本 | トップページ | 国木田独歩「巡査」 »

国木田独歩「死」

あらすじ…親友の富岡竹次郎を訪ねたら、富岡は自殺していた。

 ここで探偵が主人公ならば捜査が始まるのですが、これは違うのでそうはなりません。親友の死に直面した主人公は「死」について考えを巡らせるのです。尚、彼の哲学的な思索については、私の手に負えないので他の方へ譲ります。
 寧ろ私の目を引いてしまったのは、富岡宅に集まった友人連中が、さもお当たり前のように富岡の日記を読んだことです。自殺の原因(本作では「源因」と表記)が不明だったから、手がかりを得るために仕方がなかったといえなくもないのですが…。
 まあ、他人に読まれて困るようなことは書かなければいいだけのハナシなのですが、日記には黒歴史が綴られていたりしますからねえ。

【参考文献】
国木田独歩『牛肉と馬鈴薯・酒中日記』新潮社

« 『秋田だ!』JR東日本 | トップページ | 国木田独歩「巡査」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/55286731

この記事へのトラックバック一覧です: 国木田独歩「死」:

« 『秋田だ!』JR東日本 | トップページ | 国木田独歩「巡査」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31