無料ブログはココログ

« 小松左京「さんぷる一号」 | トップページ | 小松左京「コップ一杯の戦争」 »

小松左京「予夢」

あらすじ…子供が怖い夢を見たと言う。

 子供が見た怖い夢について父親は「子供の夢なんて、ばかばかしいものだ」(P24)と考えますが、ちょっと待て。原始人にフロイトの如き夢分析は不可能であったとしても、夢占いならば(体系化されていない原始的なものならば)ありえたかもしれません。
 ただ、「妙に気にかかった」(P24)とあることから、仮に彼らネアンデルタール人に夢占いの概念があったとしても、父親はそこまで思いが至っていないのでしょう。

【参考文献】
小松左京『ホクサイの世界 小松左京ショートショート全集1』角川春樹事務所

« 小松左京「さんぷる一号」 | トップページ | 小松左京「コップ一杯の戦争」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/55286612

この記事へのトラックバック一覧です: 小松左京「予夢」:

« 小松左京「さんぷる一号」 | トップページ | 小松左京「コップ一杯の戦争」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30