無料ブログはココログ

« 『VANITYMIX Vol.10 2013 WINTER』VANITYMIX編集部 | トップページ | マルセル・エイメ「パリのぶどう酒」 »

マルセル・エイメ「壁抜け男」

あらすじ…パリの小役人デュチユールはある日突然、自分が壁を通り抜ける能力があることに気付く。デュチユールはその能力を使わずに過ごしていたのだが、パワハラ上司への嫌がらせに壁抜けを使ったのをきっかけに、窃盗をするようになり…。

 平凡な小市民が突如としてこんなチート能力を持ってしまったら、そりゃあ、おかしくなりますな。私も気を付けないと…って、そんな事態はまず起こらないか。
 起こるとしたら、ファンタジーの世界です。

【参考文献】
マルセル・エイメ『壁抜け男』早川書房

« 『VANITYMIX Vol.10 2013 WINTER』VANITYMIX編集部 | トップページ | マルセル・エイメ「パリのぶどう酒」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルセル・エイメ「壁抜け男」:

« 『VANITYMIX Vol.10 2013 WINTER』VANITYMIX編集部 | トップページ | マルセル・エイメ「パリのぶどう酒」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31