無料ブログはココログ

« マルセル・エイメ「壁抜け男」 | トップページ | 小松左京「さんぷる一号」 »

マルセル・エイメ「パリのぶどう酒」

 「ぶどう酒嫌いのぶどう作り」(P211)フェリシアン・ゲリヨの物語が始まるのかと思いきや、途中でエチアヌ・デュヴィレというパリの小役人(こちらはぶどう酒が飲みたくてたまらない)の話に切り替わり、デュヴィレが戦後の欠乏の中で狂ってゆくさまが描かれています。
 最後はこの二人が交差するのかと思いきや…おっと、ネタバレ防止のために伏せておきましょうか。ともあれ、結末部分の「やっつけ感」がなくもない。

【参考文献】
マルセル・エイメ『壁抜け男』早川書房

« マルセル・エイメ「壁抜け男」 | トップページ | 小松左京「さんぷる一号」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルセル・エイメ「パリのぶどう酒」:

« マルセル・エイメ「壁抜け男」 | トップページ | 小松左京「さんぷる一号」 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29