無料ブログはココログ

« 夏目漱石「倫敦塔」 | トップページ | 大塚楠緒子「上下」 »

寺田寅彦「団栗」

あらすじ…少女妻が肺結核になった。

 この細君はヤンデレのようです。まあ実際に肺病を患っているのだから、「ヤン」の方は確実なのですが。

「あなた、かくしているでしょう、きっとそうだ、あなたそうでしょう」とうるさく聞きながら、余の顔色を読もうとする、その祈るような気遣わしげな眼づかいを見るのが苦しいから「馬鹿な、そんな事はないといったらない」と邪慳な返事で打消してやる。それでも一時は満足することができたようであった。(P38)

 このくだりでちょっと萌えました。

【参考文献】
『日本近代短篇小説選 明治篇2』岩波書店

« 夏目漱石「倫敦塔」 | トップページ | 大塚楠緒子「上下」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/54811376

この記事へのトラックバック一覧です: 寺田寅彦「団栗」:

« 夏目漱石「倫敦塔」 | トップページ | 大塚楠緒子「上下」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30