無料ブログはココログ

« 大塚楠緒子「上下」 | トップページ | カレル・チャペック「小鳥ちゃんの童話」 »

カレル・チャペック「お犬さんの童話」

あらすじ…カレルおじいさんの飼犬・ボジーシェクが、ある夜、森の中で犬のルサールカに遭遇する。

 犬のルサールカ(本作ではルサルカと表記)とは珍しい。いや、この物語は犬(ボジーシェク)の視点で語られているわけだから、犬の目を通して怪異を認識していることになります。だとすれば、その「怪異」が犬の姿を取っていた(犬の姿として把握された)としてもおかしくはありませんな。

【参考文献】
田才益夫訳『カレル・チャペック 童話全集』青土社

« 大塚楠緒子「上下」 | トップページ | カレル・チャペック「小鳥ちゃんの童話」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/54811420

この記事へのトラックバック一覧です: カレル・チャペック「お犬さんの童話」:

« 大塚楠緒子「上下」 | トップページ | カレル・チャペック「小鳥ちゃんの童話」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30