無料ブログはココログ

« アゴタ・クリストフ「斧」 | トップページ | ペティナ・ガッパ「黄金の三角地帯の真ん中で」 »

ペティナ・ガッパ「アネックスをうろうろ」

あらすじ…ジンバブエ大学法学部の女子大生エミリーは、病院の精神病棟に入れられる。

 この作品はエミリーの視点で描かれているのですが、文中はエミリーの正気と狂気が交錯しているので、読む際には注意が必要です。
 ちなみに、アネックスとはこの精神病棟の名前です。

【参考文献】
ペティナ・ガッパ『イースタリーのエレジー』新潮社

« アゴタ・クリストフ「斧」 | トップページ | ペティナ・ガッパ「黄金の三角地帯の真ん中で」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/53837171

この記事へのトラックバック一覧です: ペティナ・ガッパ「アネックスをうろうろ」:

« アゴタ・クリストフ「斧」 | トップページ | ペティナ・ガッパ「黄金の三角地帯の真ん中で」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31