無料ブログはココログ

« 斉藤弘『目からウロコの円高経済学』ワニブックス | トップページ | 『歴史図書総目録2013』歴史図書目録刊行会 »

アゴタ・クリストフ「作家」

あらすじ…自分を大作家だと思い込んでいる(そのくせ何一つ書いていない)男が、公務員を退職してライフワークといえる作品を書こうとする。

 ただし彼はテーマすら決めていません。そりゃあ凄い(皮肉まじり)。
 まあ、まともにアドバイスらしきものをすると、まだ何も書いていないんだったらショートショートや短篇といった小品を書いて「練習」しておくことです。ライフワークに挑む前の準備運動にはなるでしょう。

【参考文献】
アゴタ・クリストフ『どちらでもいい』早川書房

« 斉藤弘『目からウロコの円高経済学』ワニブックス | トップページ | 『歴史図書総目録2013』歴史図書目録刊行会 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/53920438

この記事へのトラックバック一覧です: アゴタ・クリストフ「作家」:

« 斉藤弘『目からウロコの円高経済学』ワニブックス | トップページ | 『歴史図書総目録2013』歴史図書目録刊行会 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30