無料ブログはココログ

« 神保町古本祭り | トップページ | 斉藤弘『目からウロコの円高経済学』ワニブックス »

ペティナ・ガッパ「真夜中のホテル・カリフォルニア」

あらすじ…元保険会社セールスマンで今は何でも屋のブローカーをやっている男が、ヒッチハイクした車の中で「ホテル・カリフォルニア」で体験した話を語る。

 ホテル・カリフォルニアといっても、アメリカのホテルではなく、ジンバブエのホテル・カリフォルニアです。だからそのクオリティたるやお察しの通りです。
 しかも、その話のクライマックスではアッー!という展開になります。
 …え? 彼はオカマを掘られたとは言ってないだろって? だけど、彼はお尻の貞操を守り通したとも言っていないし、何よりコンドームがなくなっているのだ! まあ、真相は不明ですがね。

【参考文献】
ペティナ・ガッパ『イースタリーのエレジー』新潮社

« 神保町古本祭り | トップページ | 斉藤弘『目からウロコの円高経済学』ワニブックス »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/53920414

この記事へのトラックバック一覧です: ペティナ・ガッパ「真夜中のホテル・カリフォルニア」:

« 神保町古本祭り | トップページ | 斉藤弘『目からウロコの円高経済学』ワニブックス »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31