無料ブログはココログ

« ペティナ・ガッパ「アネックスをうろうろ」 | トップページ | 幕末維新祭り中止 »

ペティナ・ガッパ「黄金の三角地帯の真ん中で」

 ジンバブエの特権階級に属する、有閑マダムの日常生活を描写したもの。黄金の三角地帯というのは特権階級の居住するエリアのことらしく、主人公もあのジンバブエが舞台とは思えないほど優雅な生活を送っています。
 尚、本記事では「あらすじ」の項を省略しましたが、なぜ省略したのかというと、これといってストーリーが進展しなかったからです。まあ、作品としては短いから、これでもいいか。

【参考文献】
ペティナ・ガッパ『イースタリーのエレジー』新潮社

« ペティナ・ガッパ「アネックスをうろうろ」 | トップページ | 幕末維新祭り中止 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/53920407

この記事へのトラックバック一覧です: ペティナ・ガッパ「黄金の三角地帯の真ん中で」:

« ペティナ・ガッパ「アネックスをうろうろ」 | トップページ | 幕末維新祭り中止 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31