無料ブログはココログ

« 「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社(1) | トップページ | 「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社(3) »

「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社(2)

 前回知らなかったと述べたものたちについて若干調べてみました。

ギーブル(P58) Guivre
 「翼を持つ蛇龍」(P58)とありますが、紋章(wikiの「ミラノ公国」の国章を参照)を見ると、蛇体ではあるものの翼はありませんでした。

ベルーダ(P114) Peluda
 フランスのユイヌ川に棲んでいたドラゴン。記事中では一貫して「ベルーダ」と表記してありますが、アルファベット表記だと「Peluda」となっています。そこで少々調べてみたところ、どうやら「ペルーダ」が正しいようです。

リンドブルム(P134) Lindwurm
 ドイツの空飛ぶドラゴン。
 知らなかった、と書きましたが、実はよくよく思い返してみると、どこかのファンタジー系のゲームに敵キャラとして出ていて、ゲームの中でそいつと戦ったような、戦わなかったような…。ただ、心当たりのあるゲーム作品がマイナーなやつで、おまけにタイトルも思い出せないという有様ですので、知らなかったということにしておきましょうかね。

 次回へ続く。

【参考文献】
「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社

« 「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社(1) | トップページ | 「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社(3) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/53643338

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社(2):

« 「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社(1) | トップページ | 「世界の幻獣・ドラゴン」研究する会・著『よくわかる「世界の幻獣・ドラゴン」大事典 ドラゴン、ゴブリンから、ナーガ、八岐大蛇まで』廣済堂あかつき株式会社(3) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31