無料ブログはココログ

« レイモンド・カーヴァー「ハリーの死」 | トップページ | 重村智計『金正恩が消える日』朝日新聞出版 »

『R25 2013 9.5 No.335』リクルート

 田中慎弥(小説家)のインタビュー記事が掲載されています(P21-23)。彼は映画『共喰い』(9月7日に全国ロードショー)の原作者であり、その映画の宣伝に駆り出された格好です。

「今までよりも読みやすい、読者を意識したものを書かなきゃいけないかなと。あとは海外でちょっとでも読まれればなあと…」(P23)

 この言葉を裏返すと、
(1)今までの作品は読みにくく、読者を意識して書かれたものではない。
(2)海外ではちっとも読まれていない。

 という問題点が存在することになります。少なくとも、作者はそれを認識しています。
 私はこの人の作品をいくつか読んだことがありますし、このブログにて「蛹」などのレビュー記事を書きましたが、そういえばたしかに読みにくかったですな。実際、読みにくさのあまり途中で読むのをやめてしまったものもあるほどです。

R25 2013 9.5 No.335

« レイモンド・カーヴァー「ハリーの死」 | トップページ | 重村智計『金正恩が消える日』朝日新聞出版 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/53257617

この記事へのトラックバック一覧です: 『R25 2013 9.5 No.335』リクルート:

« レイモンド・カーヴァー「ハリーの死」 | トップページ | 重村智計『金正恩が消える日』朝日新聞出版 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31