無料ブログはココログ

« レイモンド・カーヴァー「嘘」 | トップページ | 『R25 2013 9.5 No.335』リクルート »

レイモンド・カーヴァー「ハリーの死」

あらすじ…親友のハリーが死に、ハリーのヨットを相続したジュディスと親密になる。

 悲劇(ハリーの死)→喜劇(ジュディスと○○)→悲劇(××の死)と、悲劇と喜劇が目まぐるしく展開されます。わずか3ヶ月でこれでは、主人公の精神的負担は大きいことでしょう。
 それにしても、と思うのですが、これがミステリ小説ならば、ハリーの死の真相は…、そして××が死んだのも実は…となるのでしょうが、本作ではハリーがなぜ死んだのかは書かれていません。警察が動いている(P300)ことから、殺人事件もしくは殺人が疑われる状況だということがわかるくらいです。

追記:○○や××など伏せ字にしてあるのはネタバレ防止のためです。

【参考文献】
レイモンド・カーヴァー著、村上春樹訳『ファイアズ(炎)』中央公論新社

« レイモンド・カーヴァー「嘘」 | トップページ | 『R25 2013 9.5 No.335』リクルート »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/53255960

この記事へのトラックバック一覧です: レイモンド・カーヴァー「ハリーの死」:

« レイモンド・カーヴァー「嘘」 | トップページ | 『R25 2013 9.5 No.335』リクルート »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31