無料ブログはココログ

« モーパッサン「ベロムどんのいきもの」 | トップページ | モーパッサン「うしろだて」 »

モーパッサン「トワヌ」

あらすじ…田舎の酒屋の亭主トワヌは冗談がうまく、酒屋は繁盛していた。しかしある時、トワヌは脳溢血で全身不随となり、寝たきりになってしまう。

 物語の後半でトワヌは、とある仕事を細君からおおせつかることになります。ネタバレ防止のためにその仕事の内容は伏せますが、まさか寝たきりの人間にそんなことをさせるとは…。しかもそれに一種の感動さえ伴ってくるのだから驚きです。

【参考文献】
モーパッサン『雨傘 他七篇』岩波書店

« モーパッサン「ベロムどんのいきもの」 | トップページ | モーパッサン「うしろだて」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーパッサン「トワヌ」:

« モーパッサン「ベロムどんのいきもの」 | トップページ | モーパッサン「うしろだて」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31