無料ブログはココログ

« 『トオカマチ★ウェブ ORADOKO MAGAZINE Vol.13 2013.8-2013.9』エフエムとおかまち | トップページ | 松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(2) »

松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(1)

あらすじ…ヘンリー四世の治世は貴族の叛乱と鎮圧に明け暮れた。そのかたわらで放蕩息子の王子ハルは、大酒飲みのほら吹き騎士フォルスタッフとつるんで遊び歩くが、父の忠告に一念発起し、宿敵ホットスパーを討ちとる。(裏表紙の紹介文より引用)

 『ヘンリー四世』は全二部作で、第一部は1403年のシュルーズベリーの戦いまでとなっています。劇中でハルがホットスパーを討ちとるのはこの戦いにおいてですから、裏表紙の紹介文で既に第一部の結末を書いていることになります。

 それはさておき、今回はホットスパーの年齢について少々。
 第三幕第二場でヘンリー四世がハル王子に説教するくだりで、ホットスパーについて、

 年齢から言えばお前と大差ないにもかかわらず(P132)

 と述べており、劇中ではハルと同様の若者という設定になっています。しかし、巻末の「『ヘンリー四世』関連年表」(P466-468)によると、史実では

ホットスパー…1364年生まれ
ヘンリー四世…1367年生まれ
ハル王子………1387年生まれ

 となっています。つまり、本来ホットスパーはハルと同世代なのではなく、寧ろその父であるヘンリー四世と同世代(3歳差を同世代と見なすならば、だが)だったわけです。
 愚考するに、この歴史劇においてホットスパーをハル王子と同世代に持ってくることによって、ホットスパーはハル王子のライバルという位置付けを得ているようです。

【参考文献】
松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房

【目次】
ヘンリー四世(1)
ヘンリー四世(2)

« 『トオカマチ★ウェブ ORADOKO MAGAZINE Vol.13 2013.8-2013.9』エフエムとおかまち | トップページ | 松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(2) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52942640

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(1):

« 『トオカマチ★ウェブ ORADOKO MAGAZINE Vol.13 2013.8-2013.9』エフエムとおかまち | トップページ | 松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(2) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31