無料ブログはココログ

« 松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(1) | トップページ | 京都平和・国際教育研究会編『京都修学旅行ハンドブック』平和文化 »

松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(2)

あらすじ…父の死後、ハルはヘンリー五世として期待を背負って国王の座につく――。(裏表紙の紹介文より引用)

 フォルスタッフについて書こうかとも思いましたが、巻末の「訳者あとがき」(P443-453)と河合祥一郎の「解説」(P454-460)で色々と書かれているから、フォルスタッフはそちらに譲ることにして、私は別のことについて述べます。

 第一部ではホットスパーという「ライバル」が立ち塞がりましたが、第二部になるとホットスパーほどキャラの立った敵はいなくなります。まあ、あんなに濃いキャラは一人で充分か。
 尚、第一部のクライマックスはシュルーズベリーの戦いとなっていますが、第二部のクライマックスとなると…。一応、ゴールトリーの森の戦い(第四幕第一場、第二場)はありますが、ヘンリー四世もハル王子も参戦していないことからこれではありますまい。だとすると、ヘンリー四世の死去(第四幕第四場、第五場)がクライマックスですかね。

【参考文献】
松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房

【目次】
ヘンリー四世(1)
ヘンリー四世(2)

« 松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(1) | トップページ | 京都平和・国際教育研究会編『京都修学旅行ハンドブック』平和文化 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52942646

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(2):

« 松岡和子訳『ヘンリー四世 全二部 シェイクスピア全集24』筑摩書房(1) | トップページ | 京都平和・国際教育研究会編『京都修学旅行ハンドブック』平和文化 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31