無料ブログはココログ

« 日本裏歴史研究会『人に話したくなる裏日本史』竹書房(5)初鰹 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(12) »

アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(11)

 「第十一章 宣伝と組織」では、前半はいかに宣伝すべきかということと党の組織について述べ、後半はドイツ労働者党が極貧状態からスタートして徐々に大きくなっていったことを語っています。
 さて、この章でヒトラーは、「偉大な理論家が偉大な組織者であるのは、ごくまれな場合だけである」(P263)、「偉大な理論家が、偉大な指導者であることはもっとまれである」(P263)と述べた上で、「むしろ扇動者のほうが指導者にむいているだろう」(P263)と述べています。
 ふむ、扇動者ですか。これはヒトラー自身のことを言ってるんでしょうなあ。要するに扇動者である自分は、どこぞの理論家より遥かに指導者に向いているぞ、と。

 ちなみに、ヒトラーが指導者に向いているという評価を、私は肯定します。ヒトラーの言動や政策の理非曲直は措ておいて、金もコネも学歴も爵位も有力な後ろ盾も無い一庶民が、自らの才覚でここまでのし上がったわけですからね。指導者に向いていなかったら、ドイツ労働者党の一党員として埋没していたことでしょう。

【参考文献】
アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店

『わが闘争』(目次)

« 日本裏歴史研究会『人に話したくなる裏日本史』竹書房(5)初鰹 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(12) »

書評(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52767769

この記事へのトラックバック一覧です: アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(11):

« 日本裏歴史研究会『人に話したくなる裏日本史』竹書房(5)初鰹 | トップページ | アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(12) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30