無料ブログはココログ

« スティーヴ・ハミルトン「四人目の空席」 | トップページ | 津原泰水「猫背の女」 »

トマス・H・クック「彼女がくれたもの」

あらすじ…作家がバーで飲んでいると、全身黒ずくめの女が誘いをかけてきた。

 ヴェロニカと名乗るその女性が誘った内容を簡単に言い表わすと、
「やらないか」
 ということです。そしてその夜の内に女のアパートでベッドイン。早いよ。
 ただ、その後の展開(ネタバレ防止のために物語の結末は伏せます)を考えると、ヴェロニカの黒ずくめの服は喪服を表わしていたようだし、何より彼女はまともな精神状態じゃなかったものと思われます。

【参考文献】
早川書房編集部編『ミステリアス・ショーケース』早川書房

« スティーヴ・ハミルトン「四人目の空席」 | トップページ | 津原泰水「猫背の女」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52387440

この記事へのトラックバック一覧です: トマス・H・クック「彼女がくれたもの」:

« スティーヴ・ハミルトン「四人目の空席」 | トップページ | 津原泰水「猫背の女」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31