無料ブログはココログ

« ジョン・ディクスン・カー『皇帝の嗅ぎ煙草入れ』嶋中書店 | トップページ | 井伏鱒二「河童騒動」 »

井伏鱒二「無人島長平」

あらすじ…天明5年、土佐の船頭・野村長平は航海中に嵐に遭遇、絶海の孤島に漂着する。

 作品自体はわずか10ページと短く、しかも脱出用の船を造ったところで「そこにはまだ多くの話が残っている」(P103)と述べて話を終わらせています。
 どうやら、作者は途中で力尽きて尻切れトンボになってしまったようです。

【参考文献】
『井伏鱒二全集4 歴史に遊ぶ』筑摩書房

« ジョン・ディクスン・カー『皇帝の嗅ぎ煙草入れ』嶋中書店 | トップページ | 井伏鱒二「河童騒動」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52625186

この記事へのトラックバック一覧です: 井伏鱒二「無人島長平」:

« ジョン・ディクスン・カー『皇帝の嗅ぎ煙草入れ』嶋中書店 | トップページ | 井伏鱒二「河童騒動」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30