無料ブログはココログ

« 津原泰水「蘆屋家の崩壊」集英社 | トップページ | デイヴィッド・ゴードン「ぼくがしようとしてきたこと」 »

トム・フランクリン&ベス・アン・フェンリイ「彼の両手がずっと待っていたもの」

あらすじ…1927年、ミシシッピ大洪水が起こる。二人の男(インガソルとハム)が、被災地嵐の盗賊を片付けた家の中で赤ん坊を発見する。

 この荒れ果てた感じは西部劇の荒野を連想させます(こちらは終始湿っていますが)。本当にここは20世紀のアメリカなのかというくらいすさんでいますな。

【参考文献】
早川書房編集部編『ミステリアス・ショーケース』早川書房

« 津原泰水「蘆屋家の崩壊」集英社 | トップページ | デイヴィッド・ゴードン「ぼくがしようとしてきたこと」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52345380

この記事へのトラックバック一覧です: トム・フランクリン&ベス・アン・フェンリイ「彼の両手がずっと待っていたもの」:

« 津原泰水「蘆屋家の崩壊」集英社 | トップページ | デイヴィッド・ゴードン「ぼくがしようとしてきたこと」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30