無料ブログはココログ

« アントニー・マン「エスター・ゴードン・フラムリンガム」 | トップページ | 源通親『高倉院厳島御幸記』 »

フィッツジェラルド「リッツ・ホテルほどもある超特大のダイヤモンド」

あらすじ…ジョンは夏休みを友人のパーシー・ワシントンの実家で過ごすことにする。そしてそこで、パーシーの妹キスミンと恋に落ちるが…。

 パーシー曰く、父親は「リッツ・ホテルほどもある超特大のダイヤモンド」を所持しているとのこと(P12)。ということは途方もない金持ちの話かなと思っていたら、中盤以降はダークファンタジーの様相を呈してきました。
 いくら「秘密」を守るためとはいえ、親友さえも殺してそれを当たり前のことと受け入れている一家…狂ってますなあ。

【参考文献】
佐伯泰樹編訳『フィッツジェラルド短編集』岩波書店

« アントニー・マン「エスター・ゴードン・フラムリンガム」 | トップページ | 源通親『高倉院厳島御幸記』 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52295568

この記事へのトラックバック一覧です: フィッツジェラルド「リッツ・ホテルほどもある超特大のダイヤモンド」:

« アントニー・マン「エスター・ゴードン・フラムリンガム」 | トップページ | 源通親『高倉院厳島御幸記』 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31