無料ブログはココログ

« コナン・ドイル『恐怖の谷』新潮社 | トップページ | グループSKIT編著『「天使」と「悪魔」の謎を楽しむ本』PHP »

[監修]山口敏太郎『本当にいる日本の「未知生物」案内~47都道府県地図付きガイド~』笠倉出版社

 日本全国に散在するUMA(未知生物)のガイドブック。
 河童(P32)やイッシー(P240)などはまあいいとして、安達ヶ原の鬼婆(P49)や酒呑童子(P173)となると妖怪と呼ぶ方がふさわしいし、館山のきょん(P86)やヌートリア(P190)となると海外から持ち込んだものが野生化したことがわかっており未知でも何でもない。
 巻末の「あとがき」を読んでみると、「今回、本書では日本の未確認生物(UMA)を幻獣、妖怪まで範囲を広げて考察してみた」(P262)とあり、本書における「未知生物」の定義はかなり広いものとなっています。さすがにこれだけ広く取っておかないと大量に集まらないのかもしれませんな。

【参考文献】
[監修]山口敏太郎『本当にいる日本の「未知生物」案内~47都道府県地図付きガイド~』笠倉出版社

« コナン・ドイル『恐怖の谷』新潮社 | トップページ | グループSKIT編著『「天使」と「悪魔」の謎を楽しむ本』PHP »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52308499

この記事へのトラックバック一覧です: [監修]山口敏太郎『本当にいる日本の「未知生物」案内~47都道府県地図付きガイド~』笠倉出版社:

« コナン・ドイル『恐怖の谷』新潮社 | トップページ | グループSKIT編著『「天使」と「悪魔」の謎を楽しむ本』PHP »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31