無料ブログはココログ

« クラーク・アシュトン・スミス「怪物像をつくる者」 | トップページ | クラーク・アシュトン・スミス「ウェヌスの発掘」 »

クラーク・アシュトン・スミス「マンドラゴラ」

あらすじ…魔法使いのジル・グラニエとその妻サビーヌは、マンドラゴラから愛の媚薬を作って売っていた。そんなある時、サビーヌが突如いなくなる。実はジルがサビーヌを殺して死体をマンドラゴラの群生地に埋めたのだ。

 犯罪がいつ露見するかというスリリングさをファンタジー世界で描き出しています。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、露見の仕方がいかにもファンタジーらしい。

【参考文献】
クラーク・アシュトン・スミス『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』創元社

« クラーク・アシュトン・スミス「怪物像をつくる者」 | トップページ | クラーク・アシュトン・スミス「ウェヌスの発掘」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラーク・アシュトン・スミス「マンドラゴラ」:

« クラーク・アシュトン・スミス「怪物像をつくる者」 | トップページ | クラーク・アシュトン・スミス「ウェヌスの発掘」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31