無料ブログはココログ

« クラーク・アシュトン・スミス「マンドラゴラ」 | トップページ | クラーク・アシュトン・スミス「サテュロス」 »

クラーク・アシュトン・スミス「ウェヌスの発掘」

あらすじ…1550年、3人の修道士が修道院の庭でウェヌス像を発掘する。それからというもの、修道士たちはどんどんおかしくなっていく。

 そんなにエロいものなら私も見てみたいものですな。私は女の裸ならばインターネットでしこたま見てきたので、ウェヌス像に狂わされたベネディクト修道会の修道士たちよりは「免疫」ができていますぞ。

【参考文献】
クラーク・アシュトン・スミス『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』創元社

« クラーク・アシュトン・スミス「マンドラゴラ」 | トップページ | クラーク・アシュトン・スミス「サテュロス」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラーク・アシュトン・スミス「ウェヌスの発掘」:

« クラーク・アシュトン・スミス「マンドラゴラ」 | トップページ | クラーク・アシュトン・スミス「サテュロス」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31