無料ブログはココログ

« 芝全交『大違宝舟(おおちがいたからぶね)』 | トップページ | 朋誠堂喜三二『太平記万八講釈』 »

四方山人(大田南畝)『此奴和日本(こいつはにっぽん)』

 日本かぶれの中国人・塩秀才の物語。
 ハテ、塩とは珍しい姓だなと思っていたら、父親がお金持ちの塩商人で、名を塩商(えんじょう)という。実に安直なネーミングですな。日本に喩えるなら、日本人の塩商人の名前が塩売商人(しおうりあきひと)というようなものです。
 まあ、別にそんなところでリアリティを求めても詮ないので、このくらいにしておきます。

 さて、主人公の塩秀才ですが、平仮名を習ったり和歌を詠んだり長唄を聞いたりと、(親のスネを齧りながら)なかなかの日本趣味を発揮しています。で、色々あって親から勘当されると筏に乗って日本へ渡り、住吉大明神と会っています(P223)。
P223, 住吉大明神が塩秀才に説教する図

 ちなみに住吉大明神から塩秀才に「御異見あり」(P224)とありますが、その内容については書かれていません。まあ、勘当息子に対して爺が言うことといえばおおよそ見当がつく(例:遊蕩するな、素行を改めろ、働け等)から省略したのかもしれません。

【参考文献】
木村八重子・宇田敏彦・小池正胤校注『草双紙集 新日本古典文学大系83』岩波書店

« 芝全交『大違宝舟(おおちがいたからぶね)』 | トップページ | 朋誠堂喜三二『太平記万八講釈』 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52283265

この記事へのトラックバック一覧です: 四方山人(大田南畝)『此奴和日本(こいつはにっぽん)』:

« 芝全交『大違宝舟(おおちがいたからぶね)』 | トップページ | 朋誠堂喜三二『太平記万八講釈』 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31