無料ブログはココログ

« 『狸の土産(いえづと)』 | トップページ | 芝全交『大違宝舟(おおちがいたからぶね)』 »

恋川春町『其返報怪談(そのへんぽうばけものばなし)』

あらすじ…田舎の画工・春町斎恋川は浮世絵の名人・数川春章に弟子入りしようと思い立ち、旅に出る。その道中、妖怪の会議に出くわす。狐に仕返しをするのだという。

P164, 右から火車婆、一つ目、産女、見越入道、油嘗め禿、白うるり、狸

 その妖怪会議には一つ目、白うるり、産女(うぶめ)、狸などが出席しているのですが、その中で見越入道(みこしにゅうどう)が「化物の頭」(P164)として登場しています。当時(解説文によると本書は安永5年(1776)刊行)は見越入道の地位がそれだけ高かったことがうかがえます。

【参考文献】
木村八重子・宇田敏彦・小池正胤校注『草双紙集 新日本古典文学大系83』岩波書店

« 『狸の土産(いえづと)』 | トップページ | 芝全交『大違宝舟(おおちがいたからぶね)』 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52283229

この記事へのトラックバック一覧です: 恋川春町『其返報怪談(そのへんぽうばけものばなし)』:

« 『狸の土産(いえづと)』 | トップページ | 芝全交『大違宝舟(おおちがいたからぶね)』 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30