無料ブログはココログ

« 謡曲「舟弁慶」 | トップページ | 謡曲「黒塚」 »

謡曲「猩々」

あらすじ…揚子の里に住む高風が、潯陽の江のほとりで、酒を用意して友人の猩々が来るのを待つ。夜、猩々が現われる。

 冒頭で高風が酒を売ることになった経緯や、猩々と出会った次第を語っています。
 尚、この謡曲のストーリー自体は短いので、ちょっと物足りない感じがします。そこで、もしもこれをもう少し長くするとしたら、と考えてみました。
 まず前半の舞台を揚子の市として、高風が登場し自分の身上を語る。とそこへ人間の振りをした猩々がやってきて酒を買い求める。高風と猩々の問答から猩々は自分の正体を明かし、再会を約して退場。
 そして後半の舞台は潯陽の江のほとりで、高風が待つところから。
 などと空想していたら、解説文に、

 現在は高風の<名ノリ>を受けすぐ猩々(本体)が登場する一場形式であるが、元来は<名ノリ>のあと潯陽の江のほとりで童子(猩々の仮の姿)に会い、素性や名を問い、酒徳を讃美し、再来を約して波に消える場面のある二場形式であった(「猩々前」「中入猩々」などと呼ぶ)。(P412)

 とありました。なんだ、そうだったのか。

【参考文献】
西野春雄校注『謡曲百番』岩波書店

« 謡曲「舟弁慶」 | トップページ | 謡曲「黒塚」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52282568

この記事へのトラックバック一覧です: 謡曲「猩々」:

« 謡曲「舟弁慶」 | トップページ | 謡曲「黒塚」 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31