無料ブログはココログ

« 謡曲「道成寺」 | トップページ | 謡曲「熊坂」 »

謡曲「紅葉狩」

あらすじ…平維茂「戸隠山に行ったら高貴な女性が紅葉狩りに来ていて酒を振舞ってくれたけど、その女は実は戸隠山の鬼だったでござる」の巻。

 いわゆるハニートラップというやつです。
 ちなみに平維茂が戸隠山へ来た理由は、物語の中盤で「八幡の末社」(P191)が明かしていますが、それによると「勅命により維茂が戸隠山の鬼神退治のため山に分け入った」(P191)とのこと。
 つまり観光・物見遊山などではなく戦うために来ているのであり、しかも戸隠山に鬼がいることは充分わかっているから警戒してしかるべきなのに、彼は女性にすすめられるままに酒を飲んで眠ってしまいます。どうやら女性への耐性は弱かったようです。
 とはいえ、この後で平維茂は鬼退治をきっちりと成し遂げており、ハニートラップに引っかかってキ○タマを握られたままの誰かさんとは大違いですな。

【参考文献】
西野春雄校注『謡曲百番』岩波書店

« 謡曲「道成寺」 | トップページ | 謡曲「熊坂」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52282500

この記事へのトラックバック一覧です: 謡曲「紅葉狩」:

« 謡曲「道成寺」 | トップページ | 謡曲「熊坂」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31