無料ブログはココログ

« 松岡和子訳『シンベリン シェイクスピア全集22』筑摩書房 | トップページ | アーサー・C・クラーク「秘密」 »

バーバラ・オウエンズ「軒の下の雲」

あらすじ…田舎から都会へ出てきたアリス・ホワイトヘッドは日記をつけ始める。アパートに住み、ドラッグストアに勤務して、再スタートは順調に思われたが…。

 田舎から都会へ出てきた娘の日記という体裁を取っています。一人称視点で語られる主観性の高い文章であるのみならず、最後の過去を述べるくだりでは錯乱しかかっているため、彼女の過去に何があったかを具体的にイメージするのは難しい。何回か読み返さないといけないかもしれません。

【参考文献】
エラリイ・クイーン編『クイーンズ・コレクション2』早川書房

« 松岡和子訳『シンベリン シェイクスピア全集22』筑摩書房 | トップページ | アーサー・C・クラーク「秘密」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52282026

この記事へのトラックバック一覧です: バーバラ・オウエンズ「軒の下の雲」:

« 松岡和子訳『シンベリン シェイクスピア全集22』筑摩書房 | トップページ | アーサー・C・クラーク「秘密」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31