無料ブログはココログ

« 謡曲「朝長」 | トップページ | 謡曲「鵺」 »

謡曲「夕顔」

あらすじ…豊後国の僧が京の五条あたりへ行くと、あばら家から歌を吟ずる女性の声が聞こえる。僧が訊ねると、女性はかつて光源氏に愛された夕顔のことを語る。

 『源氏物語』の登場人物・夕顔が幽霊となって登場します。
 そもそも光源氏が六条御息所をほったらかしにしたから、御息所が生霊となって襲いかかったのであり、とどのつまり夕顔が死んだのは光源氏のせいです。
 ですから、夕顔の供養をなすべきなのは光源氏なのですが…まあ、あのプレイボーイは他の女性たちとの色恋沙汰でさぞかし忙しくてそれどころじゃなかったんでしょうなあ。

【参考文献】
西野春雄校注『謡曲百番』岩波書店

« 謡曲「朝長」 | トップページ | 謡曲「鵺」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52282418

この記事へのトラックバック一覧です: 謡曲「夕顔」:

« 謡曲「朝長」 | トップページ | 謡曲「鵺」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31