無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー「ブラック・コーヒー」(戯曲) | トップページ | 佐藤春夫「化物屋敷」 »

ジョイス・ポーター「ドーヴァー、カレッジへ行く」

あらすじ…土建屋で州会議員のルパート・アンドリュウズが殺された。スコットランド・ヤードのドーヴァー主任警部がブーたれながら捜査する。

 ドーヴァーの不平っぷりが凄まじい。それも、相棒のマグレガーが殺意を抱くほどに。

 いつかきっと……マグレガーは密かに心に誓った。手近の鈍器を振ってこの食えない警部を……(P88)

 一応、マグレガーがどうにか補佐(?)しているものの、はたしてこれで事件を解決できるのかと思ったら、何と犯人を当ててしまうんです。しかも、ズレた推理から。
 こうなると悲劇の殺人事件というより、殺人事件の喜劇ですな。

【参考文献】
エラリイ・クイーン編『クイーンズ・コレクション2』早川書房

« アガサ・クリスティー「ブラック・コーヒー」(戯曲) | トップページ | 佐藤春夫「化物屋敷」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/52282114

この記事へのトラックバック一覧です: ジョイス・ポーター「ドーヴァー、カレッジへ行く」:

« アガサ・クリスティー「ブラック・コーヒー」(戯曲) | トップページ | 佐藤春夫「化物屋敷」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31