無料ブログはココログ

« ジャック・P・ネルソン「イタチ」 | トップページ | 東京都知事選挙 選挙公報(1) »

松岡和子訳『トロイラスとクレシダ シェイクスピア全集23』筑摩書房

あらすじ…トロイ戦争は終盤にさしかかり、トロイの王子トロイラスは、恋い焦がれていたクレシダと結ばれて永遠の愛を誓うが、クレシダはギリシャ軍に引き渡される。その後ギリシャ陣営でトロイラスが目撃したのは、ディオメデスの愛を受け入れるクレシダの姿だった――。(本書裏表紙の紹介文より引用)

 トロイア戦争の結末を知っているから、トロイラスには悲劇しか待ち受けていないだろうなあ…と思って読み進めていたら、「えっ、そこで終幕にするの?」というところで話が終わってしまいました。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、トロイラスもディオメデスもまだまだお互いに殺る気充分といった状態です。
 とはいえ、失恋(破局)が確定した以上は、あまり長々とその状態を続けてもダラダラしてしまうでしょう。それなら、あそこで打ち切るのもやむをえないのかもしれません。

【参考文献】
松岡和子訳『トロイラスとクレシダ シェイクスピア全集23』筑摩書房

« ジャック・P・ネルソン「イタチ」 | トップページ | 東京都知事選挙 選挙公報(1) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/48596673

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡和子訳『トロイラスとクレシダ シェイクスピア全集23』筑摩書房:

« ジャック・P・ネルソン「イタチ」 | トップページ | 東京都知事選挙 選挙公報(1) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30