無料ブログはココログ

« ジョン・L・ブリーン「白い出戻り女の会」 | トップページ | デニス・ロイド「緑の花瓶」 »

カール・ジャコビ「カーバー・ハウスの怪」

あらすじ…自動車事故を起こした男が妹を担いで自宅(カーバー・ハウス)へ戻る。とそこへバーソン保安官がやってくる。

 途中まで読んで、妹が一言もしゃべっていないことに気付きました。ということは妹は既に死んでおり、それをさも生きているかのように扱う兄は狂っているということになります。
 え? ネタバレするなって? いやいや、ミステリーを少しばかり読んでいればこの程度のことは容易に想像が着くし謎解きを楽しみたいのでしたら物語の途中で突然出現する三人の男の件が残っていますぞ。

【参考文献】
オーガスト・ダーレス編『ダーク・ファンタジー・コレクション5 漆黒の霊魂』論創社

« ジョン・L・ブリーン「白い出戻り女の会」 | トップページ | デニス・ロイド「緑の花瓶」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カール・ジャコビ「カーバー・ハウスの怪」:

« ジョン・L・ブリーン「白い出戻り女の会」 | トップページ | デニス・ロイド「緑の花瓶」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31