無料ブログはココログ

« ジョゼフ・ペイン・ブレナン「帰ってきて、ベンおじさん!」 | トップページ | エラリイ・クイーン「仲間はずれ」 »

スティーヴン・グレンドン「ミス・エスパーソン」

あらすじ…「僕」はふとしたことがきっかけで子供の頃(20年前)に親交のあった老婆ミス・エスパーソンのことを思い出す。

 解説文によると「スティーヴン・グレンドン(一九〇九~七一)とは、本書の編纂者オーガスト・ダーレスの別名である」(P98)とのこと。ということは、本作がオーガスト・ダーレスの名義で収録されている本もあるかもしれません。

 それはさておき、ミス・エスパーソンについて。

 彼女は英領西インド諸島の生まれで、父親がそこで領事をしていた時に子供だった彼女は土地の超能力を持つ黒人から多くのことを学んだというのだ。(P100)

 西インド諸島か…。だとすれば、ミス・エスパーソンが使っていた「魔法」はブードゥー教の呪術だと思われます。

【参考文献】
オーガスト・ダーレス編『ダーク・ファンタジー・コレクション5 漆黒の霊魂』論創社

« ジョゼフ・ペイン・ブレナン「帰ってきて、ベンおじさん!」 | トップページ | エラリイ・クイーン「仲間はずれ」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/48570285

この記事へのトラックバック一覧です: スティーヴン・グレンドン「ミス・エスパーソン」:

« ジョゼフ・ペイン・ブレナン「帰ってきて、ベンおじさん!」 | トップページ | エラリイ・クイーン「仲間はずれ」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30