無料ブログはココログ

« エラリイ・クイーン「仲間はずれ」 | トップページ | レックス・スタウト「殺人鬼はどの子?」 »

浅見淵「山」

あらすじ…貨物船S丸に乗って南米から日本へ久しぶりに帰国したOは、山に登りたくなる。

 作品中に「鳥渡」(P195)なる語があるのが目を引きました。これ何て読むんだ?
 そこで調べてみたところ、広辞苑の「ちょっと」の項に「一寸/鳥渡」とあるのを発見。なるほど、鳥渡は「ちょっと」と読むのか。それは鳥渡わからなかったな。

【参考文献】
早稲田文学・市川真人編『早稲田作家処女作集』講談社

« エラリイ・クイーン「仲間はずれ」 | トップページ | レックス・スタウト「殺人鬼はどの子?」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/48570340

この記事へのトラックバック一覧です: 浅見淵「山」:

« エラリイ・クイーン「仲間はずれ」 | トップページ | レックス・スタウト「殺人鬼はどの子?」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30