無料ブログはココログ

« スティーヴン・グレンドン「ミス・エスパーソン」 | トップページ | 浅見淵「山」 »

エラリイ・クイーン「仲間はずれ」

あらすじ…パズル・クラブの面々が、エラリイ・クイーンに謎(パズル)を出す。

 ここで出された謎というのは、三人の容疑者の中から「the odd man of the three」をヒントに犯人を当てるというものです。英和辞典を引いてみるとわかりますが、oddには複数の意味があって、どの意味を取るかで迷わせる仕掛けになっています。
 ところがどっこい、邦題を見ると…仲間はずれですかそうですか。

【参考文献】
エラリイ・クイーン編『クイーンズ・コレクション1』早川書房

« スティーヴン・グレンドン「ミス・エスパーソン」 | トップページ | 浅見淵「山」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/48570330

この記事へのトラックバック一覧です: エラリイ・クイーン「仲間はずれ」:

« スティーヴン・グレンドン「ミス・エスパーソン」 | トップページ | 浅見淵「山」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31