無料ブログはココログ

« 田中慎弥「扉の向うの革命」 | トップページ | 田中慎弥「蛹」 »

田中慎弥「不意の償い」

あらすじ…後に妻となる女性と初めてのセックスをした夜に火事でそれぞれの両親4人を失ってしまった主人公の男は、そのことに疚しさを抱えて生きていたが、妻の妊娠を知り…。

 主人公が「疚しさ」に苦しみ、苦しむのみならず妄想に取り憑かれてどんどんおかしくなって行きます。見ていて、いや、読んでいて痛々しいったらありゃしない。
 この作品は短篇だからまだいいようなものの、もしも長篇だったらそれだけ長々と苦悶や狂気を見せつけられるわけですから、ドMじゃない私は途中で投げ出していたことでしょう。

【参考文献】
田中慎弥『切れた鎖』新潮社

« 田中慎弥「扉の向うの革命」 | トップページ | 田中慎弥「蛹」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47962614

この記事へのトラックバック一覧です: 田中慎弥「不意の償い」:

« 田中慎弥「扉の向うの革命」 | トップページ | 田中慎弥「蛹」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31