無料ブログはココログ

« 寺山修司『誰か故郷を想はざる』角川書店 | トップページ | ラムジー・キャンベル「魔女の帰還」 »

ラムジー・キャンベル「ヴェールを破るもの」

あらすじ…ケヴィン・ウィルソンはひょんなことからヘンリー・フィッシャーと知り合い、彼の家で異星の神ダオロスを召喚する儀式に参加する。

 初対面の人間を自宅に連れ込んで大事な儀式に立ち会わせるフィッシャーも問題ですが、ホイホイついていくケヴィンも問題ですな。
 常識から考えるならば、ここはやはり、ある程度の交遊をあたためておいて「この人物を参加させても大丈夫だろうか?」と見きわめてからでも遅くはないんじゃないかと思ってしまいます。

【参考文献】
J・W・キャンベルJr.他『クトゥルフ神話への招待 遊星からの物体X』扶桑社

« 寺山修司『誰か故郷を想はざる』角川書店 | トップページ | ラムジー・キャンベル「魔女の帰還」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/48567852

この記事へのトラックバック一覧です: ラムジー・キャンベル「ヴェールを破るもの」:

« 寺山修司『誰か故郷を想はざる』角川書店 | トップページ | ラムジー・キャンベル「魔女の帰還」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31