無料ブログはココログ

« Baccarat BEST SELECTION | トップページ | 東京都『統計グラフを作ろう』 »

アガサ・クリスティー「チョコレートの箱」

あらすじ…エルキュール・ポワロが、ベルギーの刑事時代に捜査に失敗したことを回想する。

 この事件では、ポワロには相棒がいません。ポワロの相棒といえばヘイスティングス大尉が有名ですが、彼がいない時(例:オリエント急行の殺人、ナイルに死す、等々)は別の人物を代用しています(五匹の子豚のように相棒が存在しない作品もある)。相棒によってポワロは事件の謎を解く示唆を得ることが往々にしてあるのですが(例:スタイルズ荘の怪事件)、今回に限って言えばそれがなかった。
 これが捜査失敗の一因になったのかもしれません。

【参考文献】
アガサ・クリスチィ『ポワロの事件簿2』創元社

« Baccarat BEST SELECTION | トップページ | 東京都『統計グラフを作ろう』 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47962418

この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティー「チョコレートの箱」:

« Baccarat BEST SELECTION | トップページ | 東京都『統計グラフを作ろう』 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31