無料ブログはココログ

« 田中慎弥「うどんにしよう」 | トップページ | 田中慎弥「不意の償い」 »

田中慎弥「扉の向うの革命」

あらすじ…陸軍司令官が首相のもとを訪れ、クーデターを起こしたことを告げる。

 どうせなら首相の身柄を拘束して外部と連絡を取れないようにすればいいのに。あ、でも、司令官が「閣下にはもはや、脅される資格すらありません」(P107)と言っていることから、ひょっとしたら拘束する価値なしと見なしていたのかもしれません。随分とナメられたものだ。

【参考文献】
田中慎弥『田中慎弥の掌劇場』毎日新聞社

« 田中慎弥「うどんにしよう」 | トップページ | 田中慎弥「不意の償い」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47962608

この記事へのトラックバック一覧です: 田中慎弥「扉の向うの革命」:

« 田中慎弥「うどんにしよう」 | トップページ | 田中慎弥「不意の償い」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31