無料ブログはココログ

« R25 EXTRA 2012 8.6 | トップページ | ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペトゥーザ「鮫女」 »

アガサ・クリスティー『牧師館の殺人』早川書房

あらすじ…セント・メアリ・ミード村の牧師館の書斎で、嫌われ者の老退役大佐が殺された。若い画家ローレンス・レディングが自首するが…。

 ミス・マープルの長篇初登場作。
 というわけで今回はミス・マープルについて少々述べさせていただきます。

 ミス・マープルはある意味、魅力的な人物ですが、それだけに人気に火がついてしまうと村人にとっては厄介なことになります。エルキュール・ポワロならしょっちゅう旅行に出かけているし、高名な探偵だから外部から事件が持ち込まれることも多い。一方、ミス・マープルは村からはあまり出ない(実際、本作品でも村から出た形跡はない)素人探偵だから、彼女に活躍の場を与えようとするならば、セント・メアリ・ミード村もしくはその近辺で凶悪な犯罪が起こらないといけないのです。しかもシリーズ化すれば複数回も!
 かくして田舎の静かな村は、血と悪意にまみれた地獄へと変わる…。

【参考文献】
アガサ・クリスティー『牧師館の殺人』早川書房

« R25 EXTRA 2012 8.6 | トップページ | ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペトゥーザ「鮫女」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47421674

この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティー『牧師館の殺人』早川書房:

« R25 EXTRA 2012 8.6 | トップページ | ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペトゥーザ「鮫女」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31