無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー『雲をつかむ死』早川書房 | トップページ | G・ガルシア=マルケス「最近のある日」 »

G・ガルシア=マルケス「ママ・グランデの葬儀」

あらすじ…マコンドの町を長きにわたって強固に支配したママ・グランデが死に、盛大な葬儀が執り行われる。

 ママ・グランデは「九十二年間にわたって統治者として生き」(P215)たとというのは、いかにもありそうにない。しかも、葬儀には共和国大統領やローマ法王まで参列しています。大統領は国内だからともかく、ローマ法王はイタリア半島から南米へわざわざ出かけていますからね。
 さすがにローマ法王は…と思っていたら、葬儀の参列者に「マンゴの女王・緑のかぼちゃの女王」(P231)などが登場するくだりを読んで、「あ、これはおとぎ話なんだな」と気付きました。
 おとぎ話なら仕方ない。やや政治スパイスが入っているにせよ。

【参考文献】
G・ガルシア=マルケス『悪い時 他9篇』新潮社

« アガサ・クリスティー『雲をつかむ死』早川書房 | トップページ | G・ガルシア=マルケス「最近のある日」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47962352

この記事へのトラックバック一覧です: G・ガルシア=マルケス「ママ・グランデの葬儀」:

« アガサ・クリスティー『雲をつかむ死』早川書房 | トップページ | G・ガルシア=マルケス「最近のある日」 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31